日本株は輸出中心に反発へ、インテルなど米業績堅調を見直し-金融も

週末の東京株式相場は反発する見通し。 半導体世界最大手のインテルの収益向上を一部アナリストが指摘したほか、小 売り最大手の米ウォルマート・ストアーズが利益見通しを上方修正したことな どで、米景気や企業業績への慎重な見方が後退しており、電機や自動車など海 外の景気動向に敏感な業種に買いが先行しそうだ。また、米大手証券の幹部が 信用危機は終わりに近づいている可能性があるとの見方を示し、銀行や証券な ど金融株の一角も買い戻される可能性がある。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。