NY金:反落、対ユーロでのドルの戻りを嫌気-終値931.80ドル

ニューヨーク金先物相場は反落。ドルが 対ユーロ過去最安値から上げに転じたため、金は売りが優勢になった。欧州の 景気が低迷し、欧州中央銀行(ECB)が利下げを実施するとの思惑がユーロ 売りにつながった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。