NY原油(10日):反落、終値110.11ドル-米景気悪化で需要不安

ニューヨーク原油先物相場は反落。 原油価格の高騰や景気鈍化が燃料消費の抑制につながるとの兆候が嫌気 された。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。