明治安田生命:国内債2500億円純増、RMBS中心に-08年度運用(3)

明治安田生命は2008年度に、住宅ローン担 保証券(RMBS)を中心に国内債券を2500億円積み増す。ALM(資産・負 債の総合管理)の観点から安全性の高い円資産を増やすが、低金利下での利ざや 確保も狙う。昨年11月に発行が始まった40年債への投資機会も探る方針だ。高 松泰治副社長が同日午後、資産運用計画に関する記者会見で明らかにした。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。