7&i:今期純利益は4.9%増の1370億円-コンビニ事業が改善

国内小売りグループ最大手のセブン&アイ・ ホールディングス(7&i)は10日、今期(2009年2月期)の連結純利益が前期 比4.9%増の1370億円となる見通しと発表した。主力のコンビニエンスストア事 業の営業損益が改善するほか、外食などのフードサービス事業の営業赤字が縮小 する見込みだ。

売上高に相当する営業収益は同0.1%増の5兆7600億円。営業利益は同4.6% 増の2940億円となる見通し。うち、コンビニ事業は同2%増の2050億円。ファミ リーレストラン「デニーズ」などのフードサービス事業は15億円の赤字だが、前 期の42億円の赤字から損失幅が縮小する。

前期は初の減益

また同時に発表した前期(2008年2月期)連結決算によると、純利益は前 期比2.1%減の1307億円だった。衣料品販売、外食などの事業が低迷。また、 傘下の西武百貨店が保有していたクレディセゾン株式の売却損を特別損失に計上 したことなどが響き、7&i発足以来、初の減益となった。

営業収益は同7.8%増の5兆7524億円だった。食品スーパー「ヨークベニマ ル」や生活雑貨専門店「ロフト」、ベビー用品専門店「赤ちゃん本舗」が新規に 連結対象となったことが売り上げを押し上げた。

営業利益は同2.0%減の2811億円だった。総合スーパーや百貨店での衣料品 販売が不振だったほか、「デニーズ」などのフードサービス事業が低迷した。米 国コンビニエンスストア事業の採算悪化も響いた。

経常利益は同1.3%減の2783億円だった。クレディセゾン株式の売却損のほ か、未使用商品券の回収引当金を特別損失に計上した。

7&iの株価終値は前日比30円(1.1%)安の2595円。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE