日写印株が午後急落、今期営業益は市場予想より保守的-社長コメント

特殊印刷やタッチパネル製造を手がける日 本写真印刷の株価が午後に下げ幅を拡大。同社の鈴木順也社長は10日午後放映 のブルームバーグテレビのインタビューで、今期(2009年3月期)連結営業利 益の伸び率をアナリスト予想よりも保守的に見ていることを明らかにした。積極 投資で減価償却負担が増えるうえ、市況や円相場の変動による影響も読みにくい ためという。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。