東京外為:円上昇、内外株安でリスク回避強まる-アジア通貨高も波及

午前の東京外国為替市場では円が上昇。ド ル・円相場は一時1ドル=101円07銭(ブルームバーグ・データ参照、以下同 じ)と、1日以来、約1週間ぶりの101円割れに迫った。内外の株安を背景に リスク資産圧縮に伴う円買いに圧力がかかるなか、シンガポール通貨庁(MA S)による自国通貨変動幅の引き上げを受けたアジア通貨高が円の上昇を後押 しする格好となった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。