シンガポール通貨庁:自国通貨の許容変動幅の上限引き上げ-物価抑制

シンガポール通貨庁(MAS)は10日、イ ンフレ抑制目的で管理する自国通貨の許容変動幅を「上方向にシフト」する決定 を行った。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。