日本株は続落、原油最高値受け採算懸念-機械受注弱く設備関連も安い

午前の東京株式相場は続落。海外商品市 況で原油先物相場が過去最高値を更新、銅など金属相場も全面高となっており、 原燃料コストの負担増への警戒から空運やパルプ・紙、化学株などの下落が目 立った。取引開始前に発表された2月の機械受注統計が前月比で2けたの減少 となり、ファナックや三菱重工業など設備投資関連株も安い。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。