ベスト電が売り気配、さくらやで白物家電は売れず-前期一転最終赤字

家電量販店のベスト電器株が前日終値を80 円下回る673円まで売り気配を下げている。差し引き売り注文は24万株。完全 子会社化したさくらやの業績低迷や減損処理に伴う損失計上により、2008年2 月期の連結純損益が3期ぶりの赤字に転落したもようと前日に発表した。これ まで黒字を計画していただけに、投資家の失望売りが膨らんだ。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。