武田薬:米医薬品ミレニアム買収、8880億円TOB-がん領域強化(4)

更新日時

国内製薬最大手の武田薬品工業は、米医薬品 会社ミレニアム・ファーマシューティカルズを買収する。株式公開買い付け(TO B)で最大88億ドル(約8880億円)を投じて全株式を取得する。高い成長が見込 めるがん領域を強化する一環で、企業の合併・買収(M&A)を通じて事業拡大を 加速させる。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。