人民元:ペッグ制廃止後の最高値圏-中国当局はインフレ抑制図る

中国の外国為替取引では、人民元がドルに対し 2005年7月のペッグ(連動)制廃止後の最高値圏で推移し、1ドル=7元の水準 に近づいている。政府が11年ぶりの高水準にあるインフレ抑制を目指し、人民元 の上昇ペースを加速するとの観測が広がった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。