日本株は続落へ、評価損懸念で金融安い-原油最高値で製造業にも売り

東京株式相場は続落する見通し。米大手 証券会社の資産構成が新たな評価損の懸念につながったことを受け、銀行や証 券といった金融株は収益悪化への警戒感で売りに押される公算が大きい。また、 海外商品市況で原油先物相場が過去最高値を更新、銅など金属相場も全面高と なっており、原材料コストの上昇につながるとの見方から自動車や電機、化学 など製造業の一角も軟調な展開を強いられそうだ。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。