日本株は続落へ、評価損懸念で金融安い-原油最高値で製造業にも売り

東京株式相場は続落する見通し。米大手 証券会社の資産構成が新たな評価損の懸念につながったことを受け、銀行や証 券といった金融株は収益悪化への警戒感で売りに押される公算が大きい。また、 海外商品市況で原油先物相場が過去最高値を更新、銅など金属相場も全面高と なっており、原材料コストの上昇につながるとの見方から自動車や電機、化学 など製造業の一角も軟調な展開を強いられそうだ。

米シカゴ先物市場(CME)の日経平均先物6月物の9日清算値は1万 3135円で、同日の大阪証券取引所の終値(1万3130円)に比べて5円高だっ た。9日の日経平均株価は1万3111円89銭で取引を終えていた。

いちよし投資顧問の秋野充成運用部長は、「前日の米国株が金融株中心に 下げた流れを引き継ぎ売り優勢の展開を予想する。原油価格の高騰も、企業の コスト増を招くネガティブ要因として意識されやすい」と話した。

レベル3資産が米証券大手で増加、米株は続落

米証券取引委員会(SEC)に提出された文書によると、2月末時点にお けるゴールドマン・サックス・グループの資産で、価格評価が最も困難なレベ ル3部分は07年11月に比べ39%増え964億ドル(約9兆6300億円)となっ ていた。資産に占めるレベル3の割合は8.1%と、6.2%から上昇した。

レベル3の資産には、その価値をほぼ完全に失った米サブプライム(信用 力の低い個人向け)住宅ローン関連資産が含まれるほか、プライベートエクイ ティ(未公開株)や不動産、取引の少ない企業債務なども、市場価格がつきに くいため、これに分類される。過去3カ月にはより多種の証券類の取引が途絶 え、価格評価が難しくなった。

各社の届け出によれば、モルガン・スタンレーの2月末時点のレベル3資 産は6.1%増え782億ドル、リーマン・ブラザーズ・ホールディングスは

1.3%増え425億ドルだった。保有資産に占めるレベル3の割合はそれぞれ

7.2%(昨年11月は7%)と5.4%(同6.1%)。

9日の米国株式市場では、レベル3資産の増加が嫌気される格好で金融株 中心に売られた。S&P500種株価指数は前日比11.05ポイント(0.8%)下げ て1354.49。ダウ工業株30種平均は同49.18ドル(0.4%)安の12527.26ドル。 ナスダック総合指数は26.64ポイント(1.1%)下落して2322.12といずれも 続落。東京市場でもこうした流れを受け、金融株に売りが先行しそうだ。

原油は最高値、資源関連株が下支えも

一方、9日の原油先物相場は急反発。ニューヨーク商業取引所(NYME X)で取引される原油先物5月限は一時1バレル=112.21ドルと過去最高値を 付けた。輸入が減少する中、エネルギー省が発表した原油在庫の減少が買いを 誘発した。終値は前日比2.37ドル(2.2%)高の1バレル=110.87ドル。

また、NYMEXにおけるCOMEX部門の金先物6月限は前日比19.50 ドル(2.1%)高の1オンス=937.50ドルで終了。このほか、ロンドン金属取 引所(LME)で銅やニッケルなども上げ、商品市況は全面高となった。業績 への恩恵が見込まれる石油や大手商社、非鉄金属といった資源関連株が買われ、 きょうの日本株相場全体を下支えする可能性がある。

機械受注は2けた減予想

内閣府は、午前8時50分に2月の機械受注統計を発表する。ブルームバ ーグ・ニュースが事前に民間調査機関30社を対象に調査したところ、国内設 備投資の先行指標とされる「船舶・電力を除く民需」(季節調整値)の予想中 央値は前月比14%減(前回1月は19.6%増)と、大幅な減少が見込まれてい る。振れの大きい統計のため、市場予想から大きく外れることも考えられ、そ の場合は設備投資関連株を中心に波乱となる可能性がある。

特殊陶やベスト電に売り、原発関連は買いも

個別では、円高の影響で採算が悪化したなどとして、08年3月期の業績予 想を下方修正した日本特殊陶業、店舗評価損などが響いて08年2月期の連結 最終損益が一転して赤字になったもようのベスト電器が売られそう。08年3月 期の連結経常利益が前の期に比べ2割減ったもようと10日付の日本経済新聞 朝刊が報じた住友ベークライト、1-3月期の半導体・液晶製造装置の連結受 注高が約1600億円だった東京エレクトロンも売りに押される可能性がある。

半面、東芝が米国の電力大手から原子力発電所2基を受注する方向で最終 交渉に入った、と10日付の日経新聞朝刊が報道。これを受けて東芝のほか、 木村化工機や岡野バルブ製造、日本製鋼所など原発関連銘柄が買われそうだ。 販売電力量が計画を上回ったなどとして、08年3月期の連結純利益は従来計画 比3.5倍の70億円になったもようの北陸電力、ゲームソフト販売の伸びで08 年3月期の連結営業利益が前の期比21%増になったようだと日経新聞が報じた コーエーも上昇する見込み。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE