IMF世界経済見通し:08年成長率3.7%に下方修正-金融混乱懸念(2)

国際通貨基金(IMF)は9日、世界的に リセッション(景気後退)が発生する恐れを避けるため、米国には住宅市場立 て直しに向けた支援増を、ユーロ圏には利下げを、日本には金融引き締めの回 避をそれぞれ求めた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。