中国の銅鉱石輸入:20%増か、日本抜き世界首位に-トラフィギュラ

オランダのトラフィギュラ・ビヘーアは、世 界最大の銅消費国である中国の銅鉱石の輸入が2008年に20%拡大するとの見通 しを示した。銅鉱石は銅の原料となる。

トラフィギュラの1部門であるトラフィギュラ・トレーディング・上海のデ ィレクター、サイモン・コリンズ氏は、精錬事業の拡張により、08年の中国の 銅鉱石輸入量は540万トンと、07年の450万トンから増加するとみている。予 想通りなら、中国は日本を抜き、銅鉱石輸入で世界首位となる。日本の昨年の輸 入量は505万トンだった。

中国の07年の経済成長率は11.4%に達し、過去13年で最高の伸びを示し た。急速な経済成長を背景に銅需要が急増し、ロンドン金属取引所(LME)の 銅相場は3月6日、過去最高値の1トン当たり8820ドルに達した。中国では都 市や道路建設への投資が中央部や西部にも拡大しており、発電所や住宅、工場、 自動車向けの金属消費が増加している。

コリンズ氏は4日、上海からの電話インタビューで「上海や北京から地方の 都市を訪れると、非常に大規模な開発が進んでいることが分かる」と指摘。「わ たしは中国に関して、非常に強気な見方をしている」と述べた。

トラフィギュラはアムステルダムを拠点とする非公開企業。コリンズ氏によ ると、同社の中国への銅鉱石の供給量は年間約100万トンで首位となっている。 コリンズ氏は、中国における同社の金属・鉱物関連事業の責任者を務める。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE