ワシントンG7:国際協調で前進なるか、変化なしならドル売り復活も

今週11日に米国のワシントンで開かれる7 カ国財務相・中央銀行総裁会議(G7)では、米サブプライム(信用力の低い 個人向け)住宅ローン問題に端を発した世界的な景気減速や金融危機に対する 各国の協調姿勢で一歩前進が示されるかが焦点となりそうだ。市場に手詰まり 感が見透かされた場合は、再び先行き不透明感が強まり、ドル売りが復活する 可能性がある。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。