日本株は続落、格下げ受け不動産に売り広がる-業績懸念根強い金融も

午前の東京株式相場は続落。国内不動産市 況の悪化を理由に、一部アナリストが投資判断を引き下げた東急不動産が大き く下げるなど、不動産株に売りが広がった。根強い業績懸念を背景に銀行や証 券など金融株も売られ、大株主の東京海上日動火災保険が保有株を売却する方 針と一部報道で伝わったあおぞら銀行は、需給悪化懸念で急落。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。