ヤフー株主、MSの買収案見送りより受け入れ望む-アナリスト

インターネットのポータル(玄関)サイト 大手、米ヤフーの株主は、ソフトウエア最大手の米マイクロソフトからの買収提 案について、このまま見送るよりは現行の内容を受け入れることを望んでいる-。 パイパー・ジャフレーのアナリスト、ジーン・マンスター氏が、7日投資家向け リポートでこう指摘した。

それによると、20の機関投資家を対象にパイパー・ジャフレーが調査を行った ところ、過半数は買収が白紙になるよりはマイクロソフトからの提案受け 入れを望んでいる。マイクロソフトが提示した1月31日時点での現金と株式に よる買収規模は、446億ドル(約4兆5800億円)、1株当たり31ドル。8日 時点での1株当たり買収価格は29.17ドルに下落している。

ヤフーは、マイクロソフトのスティーブ・バルマー最高経営責任者(CE O)にあてた7日付の書簡で、買収価格の引き上げを迫った。

マンスター氏はリポートの中で、「ヤフーは投資家を満足させる別の選択肢 を持っておらず、買収提案は同社の価値を適切に評価していると思う」と指摘。 ヤフーの買収は現在の条件が「妥当」だとの見方を示した。今回の調査後、同氏 はヤフーの目標株価を31ドルと、従来の33ドルから引き下げた。

マイクロソフトの広報担当者はコメントを避け、ヤフーの広報担当者から は今のところ応答がない。

この日の米株式市場でヤフー株は前日比変わらずの27.70ドルで終了。マ イクロソフト株は41セント安の28.75ドルだった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE