債券はもみ合い、売り先行も株伸び悩みで下げ渋る-入札控え慎重(2)

債券相場はもみ合い。朝方は先物市場を中 心に売りが先行したものの、反発して始まった日経平均株価が伸び悩むと、押 し目買いなどが入り、底堅く推移した。もっとも、あすに5年利付国債の入札 が実施されることもあり、取引は手控え気味だった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。