コンテンツにスキップする

GMAC:保険部門の経営権を米サーベラスが取得へ-格下げ回避で

米自動車・住宅ローン大手のGMACは、米 投資会社サーベラス・キャピタル・マネジメントが率いる投資家連合に黒字の保 険部門の経営権を移譲することで、同部門の格下げを回避できる見通しだ。

米証券取引委員会(SEC)への8日付届出書によると、計画ではすべての 議決権を、米ゼネラル・モーターズ(GM)とともにGMACに出資しているサ ーベラスの連合に与える。格付け会社AMベストによれば、同社が保険部門の信 用格付けや保険財務格付けを引き下げ方向で見直すきっかけとなった懸念は、今 回の措置で緩和するという。米住宅市場低迷でGMACの住宅ローン部門、レジ デンシャル・キャピタル(ResCap)は数十億ドルの損失を出している。

AMベストは8日の発表文で、「GMACの継続的な信用問題から」保険部 門が受けている圧力は、今回の計画によって「緩和されるだろう」と指摘した。 ただ、計画が完了するまで格付けは引き続き見直し対象になると説明した。

計画によると、「経済的な利益」はGMACが維持する。同社は黒字部門を ResCapの損失から保護しようとしている。GMACの広報担当者ジナ・プ ロイア氏によると、2007年はResCapの損失43億ドル(約4420億円) を受けてGMACの純損益が23億ドルの赤字だったのに対し、自動車や住宅な どの分野を手掛ける保険部門は4億5900万ドルの黒字だった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE