債券相場は小幅安、株価反発やあすの5年入札に向けた調整で売り先行

債券相場は小幅安(利回りは上昇)。東京先 物市場の中心限月6月物は、前日比7銭安の139円70銭で取引を開始した。日 経平均株価が反発して寄り付いたことを受けて、円債先物市場は売り先行で始ま った。あすに5年利付国債の入札を控え、ヘッジ売りも相場の圧迫要因になると みられている。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。