ウォール街各社、35%の人員削減を迫られる恐れも-元UBS幹部

スイスのUBSの投資銀行部門の元社長、 ケネス・モーリス氏は9日、レバレッジド融資が縮小し、M&A(企業の合 併・買収)のペースが鈍化するなか、ウォール街各社が最大で35%の人員削減 を余儀なくされる恐れがあるとの見方を示した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。