【個別銘柄】船井電、東レ、日電子、富士重、愛知機、新日無、東急不

9日の日本株市場における主な材料銘柄の 動きは以下の通り。

船井電機(6839):主要取引所の大証で一時14%高の3930円。オランダ の家電メーカー、ロイヤル・フィリップスエレクトロニクスから北米での民生 用テレビ事業の移管を受けると発表。同社はOEM(相手先ブランドによる生 産)でVTRやDVDなどを18年間にわたり、フィリップスに供給してきた。 両社は今回、ブランドのライセンス契約で合意し、船井電はフィリップスのブ ランド名の独占的使用権を得た。

東レ(3402):一時7%安の621円。9日付の日本経済新聞朝刊によると、 08年3月期連結営業利益は前の期比1%減の1010億円となったもよう。従来 予想である同1.5%増の1040億円を下回り、6期ぶりの減益になるという。 原油・原材料の価格高騰などが響き、09年3月期は前期推定比5%減の960 億円と、2期連続減益の公算が大きいと伝えている。

日本電子(6951):12%安の353円まで下落。半導体市況の低迷によって 半導体メーカーが設備投資を先送りしているため、電子ビーム描画装置の販売 が落ち込んでいる。08年3月期の連結純利益は従来予想を9割以上下回った ようだと発表し、失望売りが出ている。

富士重工業(7270):一時2.4%高の423円。NHKは9日朝、トヨタ自 動車(7203)が同社に対する出資比率の引き上げや小型車の共同開発など提携 関係を強化することで基本合意したと報じた。公正取引委員会の審査で承認が 得られることを前提に、トヨタは富士重への出資比率を現在の8.7%から17% 程度まで拡大するとともに、スポーツタイプの小型車の共同開発、生産でも合 意したという。今週中にも正式発表すると伝えている。

愛知機械工業(7263):27%高の236円とストップ高(制限値幅いっぱい の上昇)。親会社、日産自動車(7201)向けエンジンの納入数が想定を上回っ たため、08年3月期の連結営業利益が従来計画44億円を25%上回る55億円 になったもようと発表した。

新日本無線(6911):一時7.5%安の322円。主力の半導体製品の受注が 3月に急減速、円高・ドル安の進行もあり、08年3月期の連結純利益は前の 期比75%減の4億3000万円にとどまったもよう。前回の会社計画は12億円 だったため、64%の下ぶれ。

ピクセラ(6731):一時20%高の463円。取引開始前に、デジタルテレ ビ放送に対応したパソコン用テレビキャプチャーボードを一般販売向けに製品 化すると発表した。同時に、持分法適用関連会社の新規顧客の獲得が計画通り に進ちょくしないことから債務保証損失引当金を計上し、08年3月中間期の 赤字幅が従来予想より拡大したもようと発表した。

パナホーム(1924):一時9.4%安の601円。メリルリンチ日本証券は8 日、投資判断を「中立」から「売り」に引き下げた。

日清食品(2897):一時3.3%安の3550円。メリルリンチ日本証券は8 日、投資判断を「買い」から「中立」に引き下げた。

旭化成(3407):一時2.4%安の532円。UBS証券は8日、事業構造の 転換点が見えないとして、投資判断を「買い」から「中立」に引き下げた。

東急不動産(8815):一時7.8%安の647円。クレディ・スイス証券は8 日、投資判断を「中立」から「アンダーパフォーム」、目標株価を700円から 590円に引き下げた。

アールテック・ウエノ(4573):大証ヘラクレス市場に新規株式公開(I PO)し、公開価格50万円で買い気配スタートとなった。午前9時58分現在、 60万円で買い株数1983株、売り株数1179株となっている。4月のIPOは 同社1社のみのため需給環境が良好なうえ、足元の売り上げが順調なことで買 い安心感を生んだ。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE