内閣府試算:日本の公的年金運用の機会損失は37兆円-国内債券偏重で

内閣府は8日午後、日本の公的年金基金の 運用資産構成が諸外国に比べて国内債券に偏り、内外債券・株式などの金融商 品にバランス良く分散投資を実施していないことで、約37兆円もの機会損失 が生じているとする試算を公表した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。