中国人民元:ペッグ制廃止後の高値付近-政府が上昇ペースを加速

8日の中国の外国為替取引では、人民元が 2005年7月のドル・ペッグ(連動)制廃止後の高値付近で取引されている。 政府が11年ぶりの高水準にあるインフレ抑制を目指し、人民元の上昇ペース を加速したことが手掛かり。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。