商品市場への「津波」のような資金流入、1-3月は41兆円-シティ

米シティグループのアナリストらは7日、世 界の商品投資が第1四半期(1-3月)に20%以上増加し、4000億ドル(約41 兆円)に達し、相場の上昇要因になったとの見方を示した。インフレの加速やド ル相場の軟化に対する防御手段として投資需要が拡大したことを理由として挙げ ている。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。