NY原油(8日):反落、終値108.50ドル-景気悪化に伴う需要減観測

ニューヨーク原油先物相場は反落。米エネ ルギー省が燃料需要の減少見通しを明らかにしたことから、前日のほぼ3週間 ぶり高値から下げに転じた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。