IMF:金融混乱の損失1兆ドルに接近か、「長期化リスク」-報告(2)

国際通貨基金(IMF)は8日、年次の世 界金融安定報告を発表し、米国の住宅ローン危機に端を発した金融混乱に伴う 金融機関の損失総額は1兆ドル(約102兆円)に迫る可能性があるとの見通し を示し、その危機の広がりを予測する上で、「集団的な失敗があった」と指摘 した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。