北朝鮮核開発:外務次官は申告を急ぐ重要性を理解-ヒル米国務次官補

北朝鮮の核問題をめぐる6カ国協議で米首 席代表を務めるヒル国務次官補は8日、北朝鮮は核開発計画の申告についてそ の「時期を急ぐ重要性」を理解していると語った。

ヒル国務次官補はシンガポールの米国大使館で、北朝鮮の金桂冠外務次官 と会談、その後記者団に対し、「北朝鮮は核開発計画の申告について、その時 期を急ぐ重要性を理解していると考えている。午前の協議ではこのことについ て話し合った」と述べ、「ジュネーブでの会談よりも一層踏み込んだ議論がで きた」と続けた。

米国と北朝鮮は3月にジュネーブで核計画の申告問題について話し合った が、合意を引き出すことはできず、こう着状態のまま終了した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE