フレディとファニーは「重要な転換点」-リーマンが投資判断引き上げ

リーマン・ブラザーズ・ホールディ ングスのアナリストらは米住宅金融投資のファニーメイ(連邦住宅抵当 金庫)とフレディマック(連邦住宅貸付抵当公社)が「重要な転換点に 達した」と指摘し、両社の株式投資判断を「イコールウエート」から 「オーバーウエート」に引き上げた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。