米欧日の社債保有リスク上昇-アルコア減益でリセッション懸念が再燃

8日のクレジット・デフォルトスワップ(C DS)市場で、米欧日企業の債務保証コストが上昇した。アルミニウム生産大 手、米アルコアが7日に発表した四半期業績が市場予想を下回ったことから、 米リセッション(景気後退)への懸念があらためて高まった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。