ロンドン外為:ポンド、対ユーロで最安値-英利下げ観測高まる(2)

8日のロンドン外国為替市場では、ポンドが対 ユーロで下落。1999年のユーロ導入以来の最安値を更新した。3月の英住宅価格 が92年以来で最大の落ち込みとなったとの業界リポートを受けて、イングランド 銀行が今週、利下げを実施するとの思惑が強まり、ポンド売り・ユーロ買いが優 勢になった。

英住宅金融大手のHBOSによると、3月の英住宅価格は前月比2.5%下落。 英利下げ観測が高まるなかでポンドはドルに対しても下落した。ブルームバー グ・ニュースがまとめたエコノミスト調査では、イングランド銀行が10日に政策 金利を0.25ポイント引き下げ5%にするとの大方の予想が示された。

バークレイズの為替ストラテジスト、ポール・ロビンソン氏は「住宅市場は 英経済とポンドの主要な懸念材料の1つだ」として、「住宅価格下落はポンド安に つながる」と指摘した。

ポンドは一時、1ユーロ=79.88ペンスと最安値を記録。ロンドン時間午後 零時10分現在では79.87ペンスで推移している。前日は79.02ペンスだった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE