コンテンツにスキップする

UAEの国営銀NBAD:香港に極東初の支店設置-海外網強化で年内

アラブ首長国連邦(UAE)国営のナショ ナル・バンク・オブ・アブダビ(NBAD)は、香港に極東で初めての支店を 年内に開設する方針を明らかにした。海外ネットワーク拡大の一環で、世界の 金融機関が集まる香港市場と、オイルマネーを背景としたUAEからの資金を 相互につなぐビジネスを開拓していく考えだ。

NBADのデビット・サンダース・シニア・ファンドマネージャーが8日 に東京で開いた投資家向け説明会で述べた。このほかリビアにも拠点を開設、 エジブトでは12支店を増設する計画も示した。NBADの総資産は、UAE の銀行で第2位。連邦内に75支店、エジプトに22支店、中東や欧米に14の 支店を構える。

一方、サンダース氏によると、債務担保証券(CDO)などサブプライム (信用力の低い個人向け)ローン関連の投資残高はゼロで、財務基盤は強固な ため、リスク資産の拡大が可能としている。同行の2007年末の自己資本比率 は16.2%と、バーゼルⅡ(新BIS基準)の12%を上回っている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE