シティ含む米銀大手の融資抑制、より深刻なリセッション招く可能性も

シティグループやバンク・オブ・アメリカ(B OA)、ウェルズ・ファーゴなど、米大手銀行持ち株会社の自己資本比率が7年 ぶりの低水準に低下している。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。