白川日銀副総裁:「全力で職務にまい進したい」-衆院での所信聴取

日本銀行の白川方明副総裁は8日午前、政府 の次期総裁候補提示を受けた衆院議院運営委員会での所信聴取で、「図らずも総 裁候補となり、戸惑っている」としながらも、総裁に任命されれば「全力で職 務にまい進したい」と述べた。

白川氏は内外情勢について、米国は1930年代の大恐慌以来の金融の混乱に あるとした上で、「日本経済は内外とも多くのリスク要因を抱えている」と指摘。 「当面、減速した後は緩やかに拡大を続けるというのが、相対的に蓋然(がい ぜん)性が高い」としながらも、「予断を持たず、金融政策を運営する」と述べ た。

一方、副総裁候補として渡辺博史一橋大教授(前財務官)は「世界経済の 下振れリスクが高まっている」と指摘。「日本経済でも減速感が強まっている」 と述べた。また、「急激な市場の変動は一層、経済を減速させる恐れがある」と した上で、「日銀の金融政策のかじ取りはますます難しくなっている」と述べた。

福田康夫内閣は7日、福井俊彦前総裁が3月19日に退任した後、空席とな っていた総裁候補として白川日銀副総裁、その後任の副総裁候補として渡辺一 橋大教授を提示した。民主党は白川氏の総裁就任には同意する見通しだが、渡 辺氏の副総裁就任には党内に反対論もあってなお流動的だ。

質疑応答の議事録は同日中にも公開される予定。参院議院運営委員会は同 日午後2時から同様に所信聴取を行う。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE