日本株は反落、米景気への不安と原油一段高-ソニーや任天堂が安い

東京株式相場は反落。米アルミ大手、アル コアの第1四半期(1-3月)決算が大幅減益となったことなどを受けて米景 気に対する悲観的な見方が再燃し、同国の景気に収益が左右されやすいソニー や任天堂などに売りが先行している。海外商品市況で原油先物が大幅続伸し、 製造業の原材料コスト上昇につながるとの見方も重しとなっている。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。