ブラジル石油公社:南西石油の原油処理量、日量5万バレルに拡大(2)

ブラジル石油公社ペトロブラスは、東燃ゼネラ ルから株式譲渡を受けた南西石油の西原製油所(沖縄県西原町)の原油処理量を現 在の日量3万5000バレルから5万バレル程度まで引き上げる方針だ。製品供給の 対象地域も従来の沖縄から国内全土や一部のアジア市場に拡大する。同社のジョゼ ー・セルジオ・ガブリエリ総裁が7日、インタビューで明らかにした。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。