日本株(終了)資源や電機中心に反発、商品高や円安-不動産高も顕著

週明けの東京株式相場は反発。原油や金な ど前週末の海外商品市況高が業績にプラスになると見られた三井物産や新日鉱 ホールディングス、住友金属鉱山といった資源関連株が買われ、相場全般を押 し上げた。アジア株が総じて上昇したほか、為替が円安水準で落ち着いていた ことも、投資家心理の好転につながり、日立製作所や富士通など電機株にも投 資資金が流入した。住友不動産や三菱地所など不動産株も上げが目立った。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。