アジア株:上昇、MSCI指数は5週ぶり高値-BHPビリトンが高い

7日のアジア株式相場は上昇し、MSCIア ジア太平洋指数が5週間ぶり高値となった。商品高で鉱業・石油関連銘柄が買 われた。

世界最大の鉱山会社、オーストラリアのBHPビリトンが高い。証券会社 による投資判断引き上げで、KDDIやソフトバンクも上げた。一方で、不良 債権引当金積み増しを発表したオーストラリア・ニュージーランド銀行 (ANZ)など豪銀株は下落した。

コロニアル・ファースト・ステート・グローバル・マネジメント(運用資 産1280億ドル)の投資市場調査責任者、ハンス・キューネン氏(シドニー在 勤)は、「中国の経済成長が続くなかで一部の大手資源会社の利益が伸びる大き な可能性を考慮すれば、買いは正当に見える」と述べた。

MSCIアジア太平洋指数は日本時間午後3時9分現在、前週末比0.6% 高の146.07と、終値が2月29日以来の高値となる勢い。日経平均株価は前 週末比157円01銭(1.2%)高の1万3450円23銭で終了した。中国本土の CSI300指数は5%を超える上げとなっている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE