アジア株:上昇、商品相場高で三菱商やBHP高い-ANZ銀は下落

7日のアジア株式相場は上昇。米サブプライ ム(信用力の低い個人向け)住宅ローン関連損失が拡大するとの懸念から銀行株 が下げたものの、商品相場高を背景に鉱山・石油株が指数の上げに寄与している。

三菱商事と世界最大の鉱山会社、オーストラリアのBHPビリトンが高い。 証券会社による投資判断引き上げで、KDDIやソフトバンクも上げている。一 方で、不良債権に備えた引当金の増加を発表したオーストラリア・ニュージーラ ンド(ANZ)銀行など豪銀行銘柄は下落した。

MSCIアジア太平洋指数は日本時間午後1時6分現在、前週末比0.4%高 の145.85。日経平均株価は同1%高の1万3419円97銭。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE