日本株:後半持ち直し上昇、商品市況高や円安受け資源関連、電機高い

週明け午前の東京株式相場は反発。前週末 の海外商品市況で原油や金先物相場が軒並み上昇し、業績への恩恵期待から三 井物産やAOCホールディングス、住友金属鉱山といった資源関連株が買われ、 相場全般を押し上げた。外国為替市場の円相場が、主要通貨に対して徐々に円 安方向に振れたことで、日立製作所や富士通など電機株も上昇。主要株価指数 は続落して始まったものの、取引後半にかけて徐々に持ち直した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。