債券は小幅安、株価の戻りや高値警戒感で-10年債は一時1.30%(2)

債券相場は小幅安(利回りは上昇)。前週末 の米国市場で、3月の雇用統計が予想を下回ったことを受けて債券が買われた 地合いを引き継ぎ、買い先行で始まった。新発10年債利回りは朝方に1週間ぶ り水準となる1.30%まで低下した。しかし、その後は日経平均株価が上昇に転 じたことや高値警戒感から先物市場を中心に売りが優勢となった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。