PIMCOの正直氏:日本国債を中立から若干の売りに-中期債が魅力

米パシフィック・インベストメント・マネジ メント(PIMCO)の日本部門、ピムコジャパンのポートフォリオマネジャー、 正直知哉氏は、7日放映のブルームバーグ テレビジョンとのインタビューで、 日本国債の投資戦略について、「ロング(買い)から中立、中立から若干のアン ダーウエ-ト(売り)に移ってきている」と述べた。主なコメントは以下の通り。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。