【今週の日本株】13000円固め、金融不安は後退-決算控え上値追えず

今週(7-11日)の東京株式相場は、日経 平均株価で1万3000円の水準を値固めする展開となりそうだ。欧米の大手金融 機関の増資が相次いだことなどから、金融システムへの不安はひとまず後退して おり、投資家心理は新年度入りとともに改善した。売り主体であった外国人投資 家の投資姿勢にも変化が見え始め、需給バランスも好転しつつある。国内企業の 業績発表を見極めようと市場エネルギーは依然低調ながら、底堅い展開が見込ま れる。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。