日本株は小反発へ、商品市況高で資源関連に買い-米雇用減が上値抑制

週明けの東京株式相場は、小幅反発する見 通し。前週末の海外商品市況で原油先物相場が急伸、金や銅価格も上げており、 評価益や販売単価にプラスに働く石油や大手商社、非鉄金属といった資源関連 株が買われそうだ。ただ、3月の米国雇用統計で雇用者数が大幅減となり、米 実体経済の減速が鮮明化したことなどを受け、輸出関連株や金融株は買い手控 えられ、株価指数の上げは限定的となる。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。