2月の独製造業受注:0.5%低下、予想外の落ち込み-輸出が低調(2

ドイツ経済技術省が4日発表した2月の製造業 新規受注指数(季節調整済み)は前月比0.5%低下となった。予想に反してマイナ スとなり、3カ月連続の低下。ユーロ高や世界景気の減速が輸出販売に影響した。 1月は0.7%低下(速報値は1.5%低下)に改定された。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。