経財相:過去の円高局面と比べ企業収益への影響は軽微

大田弘子経済財政政策担当相は4日午前の 閣議後会見で、今回のドル安・円高が企業収益に与える影響について、内閣府 が実施したヒアリング調査の結果に基づき、過去の円高局面と比較すると軽微 であるとの認識を示した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。