モルガンSのローチ氏:米リセッション長期化へ-責任は金融政策に

米証券大手モルガン・スタンレーのアジア 部門会長、スティーブン・ローチ氏は4日、ブルームバーグテレビジョンとの インタビューで、信用市場混乱で企業や消費者への融資が縮小し、米経済は今 年いっぱいリセッション(景気後退)が続くとの見通しを示した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。