米加州退職年金基金:モルガンS取締役メンバーの信任票見合わせ(2)

カリフォルニア州教職員退職年金基金は、出 資する米証券モルガン・スタンレーのジョン・マック会長ら取締役メンバー8 人について、株主総会で信任票を投じることを見合わせた。モルガン・スタン レーの株価パフォーマンスが市場および同業他社を下回っているためだ。

同基金が発表した資料によると、モルガン・スタンレーの株価パフォーマン スは1年、3年、5年ベースで比較した場合、競合他社よりも低い。同基金は 「同社の報酬制度は株価パフォーマンスに連動していない」と指摘。さらに 「サブプラム損失をめぐり同社が取った戦略的方向性について懸念している」 と続けた。

これに対し、モルガン・スタンレーの広報担当からのコメントは得られてい ない。

モルガン・スタンレーは昨年、米サブプライム(信用力の低い個人向け)住 宅ローンに絡む評価損が増加し、同社初の四半期赤字決算を計上した。マック 会長はこれを受けて、2007年分のボーナスを返上した。

モルガン・スタンレーの年次株主総会は8日に開催される予定だ。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE