3月米非農業雇用者8万人減-3カ月連続マイナス、景気後退入りか

米労働省が4日に発表した3月の雇用統計 によると、非農業部門雇用者数(事業所調査、季節調整済み)は前月比8万人 減少した。減少幅は過去5年で最大となった。エコノミストの間では米経済は 既にリセッション(景気後退)入りしており、長期化するとの見方が広がって きた。ブルームバーグ・ニュースがまとめたエコノミスト予想の中央値は5万 人減だった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。